読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tutti Lab

元シリコンバレー在住のおっさん技術者、モバイルVRアプリ開発に挑戦中

Magic Leapが少しずつ明らかになってきています

WIREDにて「謎のARデバイス」Magic Leapの特集がされています。これまでデバイスに関する情報はほぼ皆無でしたが、今回キーデバイス(だと思われる)について言及がありました。このレンズ(?)を通して現実世界を見ることで、その現実世界に様々な3DCG拡張情報が表示される、これだけだとHoloLens等と一緒ですが、これらのように「スクリーン投射」でCGを重畳するのではなく、別の方法で実現しているそうです。いったいどんな方法なのでしょうか?
f:id:tuti107:20160426133559p:plain
いずれにせよ、ARが本格普及する時代には物理的な「スクリーン」は意味のないものになり、平面・立体のCGを現実空間上に貼り付けて利用することになります。PCにディスプレイは不要、ウィンドウを空間に貼り付けて利用する。アプリ・UIは激変します。今はまだ、Magic Leapがいつ出てくるのか(本当に出てくるのかも含め)わかりませんが、Meta2は今年の秋に出てくることですし、真剣にAR世代のアプリ・サービスを考え始めないと、と思っています。